コラム
なぜ“自分の強み”がうまく使えないのか?

あなたは「自分の強み」をしっかりと理解していますか?
強みとは生まれ持った才能であり、他人よりラクに上手くできることです。

例えば

・想像力に長けていて、他人が思い付かないようなアイデアを思いつく
・コミュニケーション能力に長けていて、誰とでも仲良くできる
・場の空気感を読む能力に長けていて、他の人が気づかなことに気づける
・分析力に長けていて、無駄を省いたり改善することができる

といった強みがあります。

強み(弱みも)は誰でも必ず持っています。
強みが全く無い・・・という人はいません。

ただし、強みは持っているけど「上手く使えない人」は沢山います。
なぜなら「自分の強みを知らないから」です。

であれば、自分の強みを知れば良いだけ・・・なのですが、本題はここから。

実は

「強みを理解したとして、うまく使えない人」

も沢山いるんですね。

強みとは特別な能力ではなく、あくまで「自分にとっては当たり前で、楽にできること」です。
であれば、本来は意識しなくても使えるはずのですが・・・それができない人が沢山いるんです。

というわけで、今回は

「なぜ、自分の強みがうまく使えないのか?」

についてお話ししたいと思います。

これは、私がこれまで1,000人以上の方々にトレーニングを行う中で見えてきた「ある事実」の話です。

強みが使えない人の特徴

「なぜ、強みがうまく使えないのか?」

あなたは、その大きな原因が何だと思いますか?

これまで才能を扱うプロとして、人材育成トレーニングを行ってきた者の立場から言うとそれは・・・

「バランスが取れていないから」

です。

これは読んだままの意味なのですが、もっと具体的に言うと

「思考のバランスが取れていない」

ということです。

思考のバランスが取れていない状態とは「何かに対して極端に一喜一憂している状態」のことです。
極端に不安や恐怖を感じていたり、過度な喜び(刺激や興奮)を感じていたりしている状態ですね。

思考のバランスが崩れていると、様々なことに影響を及ぼします。
感情に振り回され過ぎてしまい、人間関係がうまくいかなかったり、お金で苦労したり、健康を損ねたりすることがあります。

・不安が大きすぎて行動が起こせない
・怒りが大きすぎて人を攻撃してしまう
・楽しいことがあると興奮しすぎて勢いで物事を決めてしまう

といったことが起きやすくなるからです。

話を戻して、このように思考のバランスが崩れてしまっている場合においては「強み」が発揮できないんです。

強みが行き過ぎると・・・

例えば「危機管理能力が高い」という強みを持った人がいたとします。
これは他の人が気づかないような、細かいことにまで目が向くという能力です。

ではそんな人の心が「不安が大きすぎる」という状態だったらどうなるでしょう?
リスクを回避しすぎるがあまりに、全く行動を起こさない・・・ということが考えられます。

では「想像力に富んでいる」という強みを持った人が「興奮と刺激を求めすぎる」という思考状態だったらどうでしょう?
次から次へと新しいアイデアが思いつくけど、物事を勢いで決めすぎて何一つ形にならない・・・ということが起きるかもしれません。

これらはつまり、思考の状態によって

「強みが弱みに変わっている」

と言えるわけです。

どれだけ優れた強みも、それが活かされるかどうか?は思考のバランス次第なんです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

「じゃあ、思考のバランスを整えよう!」と言われても、なかなかピンときませんよね?
実際、整えようと思って整うほど単純なものではありません。

しかし、少しずつ整理をして「1つの出来事に一喜一憂しない」という状態を作ることは可能です。

思考に振り回されないために

思考のバランスを整え、必要以上に振り回されないためにはどうすれば良いでしょうか?
方法は色々あると思いますが、ここでは「物事のメリット・デメリットを両方見る」という方法をお伝えします。

極論「メリットかデメリットに偏りすぎている」から、バランスが崩れているわけです。
であれば物事をあるがままに捉えて、メリット・デメリットの両方を見つめてみることが、バランスを整える1つの方法になります。

例えば、あなたが強い不安を感じることを1つピックアップして下さい。
仮にここでは「人を信じること」としましょう。

そうしたら人を信じることのメリット・デメリットを全て書き出します。

<メリット>
・相手を頼るができる
・相手も自分を信じてくれる
・自分が気持ちよくいられる

<デメリット>
・期待したほどの結果にならないかもしれない
・相手の良いように扱われるかもしれない
・騙されるかもしれない

といった感じです。

バランスを崩している人は、このメリットかデメリットの「どちらかだけ」を見ている可能性が高いんです。

人を信じるのが怖い人は、信じた結果よく無いことが起こるのが怖い・・・
逆に人を簡単に信じる人は、人に騙されやすくなる・・・

これはバランスの問題ですね。
ここではその両方を眺めることで、バランスを整えるわけです。

何かの分野で成功している人は、ありとあらゆる結果を想定します。
良いことだけにフォーカスしたり、悪いことだけにフォーカスしたりしません。

どちらも併せて考えることで、より健全な行動を起こします。
これこそが「バランスが整っている状態」と言えるのではないでしょうか。

念の為、これは「ある程度、自分で考える余裕がある人向け」の方法です。
あまりに不安や恐れが大きすぎて、自分ではどうしようも出来ない・・・と感じる場合は、カウンセラーなどの専門家に頼って下さい。1人で何とかしようとせず、誰かの力を借りるのが最短最速の解決方法です。

まとめ

というわけで、今回は「なぜ、強みがうまく使えないのか?」について解説しました。

もしあなたも

「自分の強みに自信が持てない」
「自分の弱みにばかり注目してしまう」
「ある程度は自分の強みが分かっているんだけど、確信が持てない」

と感じる場合は「自分の思考状態」に目を向けてみて下さい。

それ次第で、あなたの強みは「最強の武器」にも「諸刃の剣」にも変化します。
是非、自分の強みに確信を持って役立たせて下さいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。