つながるべきではない人の特徴

コラム
【あなたは大丈夫??】理想の人生を送るために“繋がるべきではない人”の特徴

 
今回のテーマは繋がるべきではない人」についてです。
 
早速ですが、あなたは「コバンザメ」って知ってますか?
大きな魚や船にくっついて、餌のおこぼれを食べているコバンザメです。
 
では「人間世界にもコバンザメがいる」ってご存知でしたか?

人間世界のコバンザメとは「自分は対して価値を提供しようとしないのに、誰かにくっついて回って、おこぼれ(良い話)だけを取っていこうとする人」のことです。

もしかしたら、あなたの周りにもコバンザメがいるかもしれませんね。

そんなコバンザメ以外にも「懐疑論者(かいぎろんしゃ)」と呼ばれる人がいます。

 
これは、自分がやったこともないのにハナから疑いの眼差しで物事を否定してくる人のことです。
あたかもアドバイザーのような振りをして近づいてきますが、懐疑論者のアドバイスには根拠がありません。
 
このように、良い人間関係を構築する中では「出来るだけ距離を置いておくべき人たち」が存在します。
あなたもこのような人たちと仲良くなりたいとは思いませんよね?
 
ではここであなたに質問です。
正直に答えてくださいね。
 
「あなた自身は、懐疑論者やコバンザメになっていませんか?」
 
・・・さてどうでしょう?
 
少し考えてみてください。
 
・・・
 
・・・
 
いかがですか?
 
恐らく多くの方が「NO!自分は大丈夫だよ!」って思うかもしれませんね。
 
しかし、本当にそうでしょうか?
実はコバンザメや懐疑論者にはある共通点があります。
 
それは「本人には悪気がない」ということです。
本人は無意識でそういった行動を取っていることが多いんですね。
 
そう考えると、私たち自身も「いつの間にか・無意識に」周りから距離を置かれる人間になっていてもおかしくないんです。
 
この世は私たちを映し出す鏡のようなものです。
 
もし、身の回りにコバンザメや懐疑論者がいたとしたら「自分もそうなってはいないか?」と意識する必要があると思いませんか?
 
それを踏まえて、もう一度みてみましょう。
 
①コバンザメ
 
これは自分は何にも提供しないのに、オイシイ話だけ持って行こうとする人でした。
 
では例えば、あなたには「自分が困っている時だけヘルプを求めてる相手」はいませんか?
 
困っている時や助けて欲しい時、そんな時にだけ愛想よくアプローチして、解決したらもうOK・・・そんな都合の良いことをしていないでしょうか?
 
コバンザメとは少し意味は異なりますが
 
「自分のアピールばかりで相手の話をきかない」
 
とか。
 
「良かれと思って、相手の要らないものをオススメしようとする」
 
とか。
 
「自分は客だからと、店員さんに横柄な態度をとる人」
 
とか。
 
こういった人も同種だと思います。
 
②懐疑論者
これはやったこともないのに、ハナから疑いの眼差しで物事を否定してくる人です。
 
では例えば、家族や友人などあなたの大切な人が、何やら怪しげなセールスに引っかかりそうになっていたとします。
 
あなたはその人に、何と言いますか??
 
「え、大丈夫・・・?そんなの絶対騙されてるから、やめておいたほうがいいよ!」
 
って言いませんか?
 
しかし、その怪しげなセールスが実は「あなたの大切な人の人生を大きく好転させるもの」だったらどうですか?
 
あなたは聞いたことがない、得体の知れないものにただ不安を覚えて、知識不足なことを棚に上げ、自分勝手な心配を押し付けながら、大切な人の可能性を潰そうとしているのかもしれないのです・・・
 
というのは少し言い過ぎですが(笑)
 
これと似たようなことを、無意識でやっていないか?という確認をしてみて欲しいのです。
 
昔から「類は友を呼ぶ」という言葉がある通り、自分に集まってくる人は、自分が発している
エネルギーに呼応して集まってきます。
 
ですので「自分がどんな状態でいるか?」という、つまり「在り方」を整えていくことが、良い人間関係を作るポイントにもなっていきます。
 
↓「人とのつながり」については、こちらでも解説していますのでご覧ください。
ウェルスネットワーク
 
・自分はコバンザメのように誰かにくっついて回っていないか?
・自分は懐疑論者のように、根拠もなく疑ってかかっていないか?
・無意識のうちに誰かの足を引っ張ってはいないか?
 
そんな質問を自分に投げかける機会をつくってみてください。
 
そういった意識をもつこと自体が、最終的に豊かな人間関係を構築することにつながっていきます。
それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。